ツリーをお届け!みんなの星の点灯式 - 富士翔太朗 「旅する絵本」〜あなたのこころの本棚へ〜


ツリーをお届け!みんなの星の点灯式


「みんな喜んでくれてよかった!」「飛び跳ねて喜んでくれてましたね!嬉しいですね!」コーディネーターの波多野 耕さんの運転で
釧路 • 標茶 • 厚岸のみんなで作ったクリスマスツリー(オリジナルプラネタリウム)を各施設に届けている最中だった。
特定非営利活動法人地域生活支援ネットワークサロン ぽれっこ倶楽部社会福祉法人アシリカ多機能型通諸施設はばたきにお届けした。ぽれっこのみんな!はばたきの皆さん!どうもありがとう!
耕さんが釧路から標茶へ向かう途中、夕焼けが見渡せる展望台へ連れて行ってくれた。キリンやゾウが住んでいそうな湿原を染める夕暮れを2人で見た。これから起こる点灯式を思いながら、見せてくれた風景を噛み締めうなずいた。みんなが待っている!
みんなに会いに行く!次の点灯式も心から楽しみだった。
「養成村クリニック」の荒井さんに紹介していただいて耕さんと出会った。なにかに導かれるように、この夢のような釧路での滞在型アートプロジェクトが始った。これはアーティストインレジデンスとも言える。でも今回、アート関係の団体の仲介はなく、それも特殊で楽しいことでした。地域コーディネーターの波多野 耕さんと
「信頼」し合い「閃き」合えた日々をとても光栄に思います。
アートで地域に貢献することを全面的に応援してもらえたことに感謝しています。耕さんとの共同生活では、たくさんを語り合い、大切なことを教えてもらい、思いを共有できました!そんなことを車ん中で考えていた。もうすぐ、関わってくれたみんなのプラネタリウムに光が灯る...一緒に作ったみんなとの点灯式に胸が高鳴った。
標茶の「児童デイサービスセンター みなみな、NPO法人みなみなプレイス」での点灯式。みんなでカウントダウンをして点灯し。「わぁーっ!」と歓声が上がった...!みんなの笑顔に星の光があたって笑顔がさらに輝いて見えた。子供たちも喜んでくれた、楽しんでくれた!「みんなの星見つけたかな?!」「あったー!」
標茶「みなみな」のみんな!どうもありがとう1☆
ヤスリをかけて、シールはがして、色を塗ったり組み立てたりして
釧路「HUGemi」のみんなで作った作品がこんなにも喜んでもらえているよ!みんなで作ったアートでみんなが笑顔になるよ!
別れを惜しみながら、笑顔の「またね!」をして次は厚岸「多機能型施設 ぷらっと」へ向かう。来るのを待っててくれたので、ツリーをセットしてスタッフの皆さんを呼んだ...
「ぷらっと」の屋内を照らすプラネタリウムの星の灯りを見て
「わぁ〜!」「綺麗〜!」と、とても喜んでくれました。
みんなで作った星の輝きです。皆さんの笑顔が最高でした!
厚岸「ぷらっと」の皆さん、どうもありがとうございました!
「こう言う瞬間に出会えた時、生きててよかったと本気で思います!」「本当にそうだね。喜んでくれて本当によかった!」
車の中は綺麗な感動の鈴が鳴り響いていたような気がする。

寝ずの1ヶ月なんて吹き飛ぶみんなの笑顔のパワー、星の輝き。
「自分の役割はアートでみんなを笑顔にすること」今は...目の前にいる人を、笑顔に。でもやっぱり笑顔をもらって癒され元気をもらっているのは自分の方なんだ。いつもそうなんだ...2012年は地球のために、人の為に、作品のためにもっと具体的に行動していく。

帰り道の満天の星空。宇宙からの愛を感じた。
2011.12.27 REPORT
釧路滞在制作を終えて/お礼
2011.12.17 REPORT
釧路市こども遊学館/点灯式!