「みんな星だ☆ご近所の宇宙」札幌市立常盤小学校/プラネタリウム - 富士翔太朗 「旅する絵本」〜あなたのこころの本棚へ〜


aa

「みんな星だ☆ご近所の宇宙」札幌市立常盤小学校/プラネタリウム


今回「おとどけアート」(小学校を拠点にアーティストが滞在、制作するプログラム)事業の
アーティストとして約2週間、札幌の常盤小学校に転校生として通い、子供たちと共作で
プラネタリウムを滞在制作しました。
1つの教室をアトリエにして、休み時間と放課後に子供たちと
わいわい交流しながらみんなで創造。子供たちはパワーがすごい!元気です。全員天才だ。

参加してくれる子供たちや先生方、父兄の皆さんと交流しながら、星にまつわる思い出や
アイディアを募集しました。それをもとに参加者の皆さんが作ってみたい、見てみたい星を
デザインしてもらいます。最終的にデザインした星形を投影装置(プラネタリウム)に
はりつけ、光をあてて投影し「宇宙」を生み出します。また、お披露目する展示に向けて
家族や友人へ送る招待券や、ポスターづくりなども行い自分たちが作る宇宙をより多くの人に
見てもらう為の活動も同時に行いました。

この活動を通じて、子どもたち(未来人)のコミュニケーションのあり方や、「興味」や
「好奇心」からの人とのアナログな「繋がり」が、大切なことの1つであることを体感して
もらう機会にしたいと思いました。

子供たちは一人一人が人生において主役であり、世界のスターです!

共同作業をし、作品の完成の瞬間まで立ち会うという制作プロセスを経て
彼らの心に達成感と連帯感が生まれることを望んでいます。
最終的に、プラネタリウムはそうしたコミュニケーションの上に成り立ち
それぞれの星が輝き、彼らの地元ご近所から、眩しいくらいの綺麗な宇宙になりました。

                         富士 翔太朗(ふじ しょうたろう)


作品の写真を撮ってくれた写真家
「川尻写真館」の 川尻 亮一(かわじり りょういち)くん
▶ photo by RYOICHI KAWAJIRI

コーディネートをしてくれた「おとどけアート」
(小学校を拠点にアーティストが滞在、制作するプログラム)の
「AISプランニング」の 漆 崇博(うるし たかひろ)さん
▶ Coordinated by AISプランニング
2011.6.3 WORKS
「DUCE」ライブハウス/壁画(札幌)
2010.8.16 WORKS
「君の村、君の町へ -小学校に絵を描きに行く...