「みんな星だ☆TOBIUの宇宙」飛生芸術祭2011/プラネタリウム - 富士翔太朗 「旅する絵本」〜あなたのこころの本棚へ〜


aa

「みんな星だ☆TOBIUの宇宙」飛生芸術祭2011/プラネタリウム



『飛生芸術祭2011』での点灯式、展示に向けて、スタッフ4人で計27日間、白老町に滞在し
「白老町立竹浦小学校」の皆さまや、白老町の皆さま、「飛生アートコミュニティー」のみんな
ワークショップ参加者の皆さまとの共作で、オリジナルプラネタリウムを制作しました。

「大人も子供もみーんな!私たち一人一人が人生において主役であり、世界のスター!」という
一貫したメッセージが「みんな星だ☆…の宇宙」のアートプロジェクトにあります。

作品は、地元の廃材を使い、世界地図と「ひとつの海」を描きました。
私たちが生きる「地球」という星を見つめてほしい、その想いもあり
子供たちには地球の絵日記を描いてもらい、飛生芸術祭で素敵な展示もできました。
点灯式初日は自転車発電でLEDライトも点灯し、地元の方々と自家発電の大変さも共有できました。

以下のリンクで、今回のアートプロジェクトの詳細が見れます。
最初から読まれたい方は滞在初日の記事からご一読下さい。(25日分ある記事から選びました)
 『白老町に到着!滞在制作が始ります♪』(初日の記事)
 『飛生芸術祭/プラネタリウム点灯式☆』
 『白老町滞在制作を終えて☆お礼』

多くの方々の協力の元、あたかかく見守られ...それぞれの星が輝き、飛生の森にやさしく灯りました。
今回は、プラネタリウムというよりは行灯に近い光となりましたが
白老の、飛生の森の雰囲気に似合った宇宙となったように思います。

                               富士 翔太朗(ふじ しょうたろう)


作品の写真を撮ってくれた写真家
「川尻写真館」の 川尻 亮一(かわじり りょういち)さん
▶ photo by RYOICHI KAWAJIRI

『飛生芸術祭2011』を主催し、作家を白老に呼んでくれた芸術団体
「飛生アートコミュニティー」
2011.12.17 WORKS
「みんな星だ☆くしろの宇宙」釧路市こども遊...
2011.6.3 WORKS
「DUCE」ライブハウス/壁画(札幌)