飛生祭り/白老町とのこれから - 富士翔太朗 「旅する絵本」〜あなたのこころの本棚へ〜


飛生祭り/白老町とのこれから


飛生祭り。地場の食材を使った料理を作って売っていたり、地元の人たちが飛生のグラウンドで運動会をしたりで和やかな雰囲気だった ♪ リラックスできた日だったね。みんなおつかれさま〜☆
飛生アートコミュニティーの宇佐見 祥子ちゃんがパネルをデザインしてくれた。祥子ありがとう!スタッフみんなで嬉しいって話してたよ☆おかげさまで色んな人が見てくれた、嬉しいね〜
竹浦小学校の子供たちの「みんなの地球、星の思い出絵日記展」の様子。飛生アートコミュニティーの奥山 三彩ちゃん、瀧原 界くん
(彼はこのサイトを作ってくれたWEBデザイナーさん☆)瀧原 祥ちゃん(飛生芸術祭の絵を描いたイラストレーターさん)がレイアウトから貼りまで綺麗に展示までしてくれたんだ☆本当にありがとう!最後までみんなの共作だった...今度撮影して1枚ずつUPするね!
白老には、また来たいと思ってる!今、ここは自分にとって特別な場所。町と、町の人たちと末永く付き合えたらなって思ってる。
白老町の皆さん、これからもよろしくお願いします☆

可能なら、今回のようなプロジェクトを、例えば1年生が学校を卒業するまで「毎年1回、6年間続けて、同じアーティストが同じ学校にアートインスクール」できたらな〜!って思った。一緒に卒業までを共に歩むんだ☆そんな日本にしたい!そんな自分になりたい
2011.10.30 REPORT
札幌大通地下ギャラリー500m美術館
2011.9.22 REPORT
白老町滞在制作を終えて☆お礼