白老町滞在制作10日目 - 富士翔太朗 「旅する絵本」〜あなたのこころの本棚へ〜


白老町滞在制作10日目


photo: Kondou Nobuaki
君たちの笑顔は最高だ!自分自身のハートから湧き出るアイデアと創造はすでに光り輝いてるよ☆
宿泊学習にちらっと顔出しに行ったら、百人一首の最中だった...
みんなの真剣な眼差しに、俺らまでドキドキしたよ!
札幌市立大学の百澤 大(ひゃくさわ だい)が、3日間手伝いに来てくれた。早速トマトパスタを作ってくれた大、ありがとね!
トマトを差し入れしてくれた国松家の皆さん、ありがとう☆
畳を叩いて喜び、膝を叩いて悔しがる真剣勝負そのもの。帰り道に和弥と「みんなの純粋な眼差しに心が熱くなった!」って話した。
みんな夜遅くまでがんばった!貼った星シールを1枚1枚はがしていく作業は大変なこと(作った星が輝くために必要な作業だね☆)
みんな自分のことのように思ってくれてる...それってすごいこと!町の人の笑顔が見たくてチームでがんばってる。熱いぜ。弟のような彼らのことを思っただけで目頭が熱くなるんだ。
 みんなに新しい体験をしてもらって、自分の人生に毎日新しい視点を持ってもらいたい。そうやって関わる人に自分がおもしろいと思ったことを提案していく(アトリエで作品を作るだけが仕事ではないんだ)創造の一つのプロセスを完成の感動までを共有する、それだって自分にとっては立派な仕事だと思ってる。そして持ち味の一つだとも思ってる(謙虚に、そして大胆に)。誰だって自分の人生に制約をかけたり何かを限定する必要はないんだ。みんなは自由なんだ。そして「今」ここにいる「今」を生きているんだ!関わってくれた全ての人のおかげで、気付かせてもらったことがたくさんある。たくさんなんだけど、大切なことってすごくシンプル☆
富士翔太朗の公式サイト「旅する絵本〜あなたの心の本棚へ」を
見てくれている読者の皆さまに、心から感謝します☆
2011.9.6 REPORT
白老町滞在制作11日目
2011.9.4 REPORT
白老町滞在制作9日目